ビル・ゲイツが選ぶ、ベストブックを全て調べてみた!【37冊】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

読書家のビルゲイツさん、一週間山籠りして読書や思考しているのは有名ですね

そしてあれだけ忙しいのに年間50冊は読んでるそうです。

そんなビル・ゲイツさんがどんな本を読んでるのか、すごく気になりますよね。

しかし全てまとめられている記事はあまり見かけません。

ということで、全て調べてみました!(僕みたいなドントスピークイングリッシュの方のため、和訳されたものがあればそちらを掲載しておりますー)

2017年におすすめされた書籍

Evicted: Poverty and Profit in the American City(Matthew Desmond)

 

Believe Me: A Memoir of Love, Death, and Jazz Chickens(Eddie Izzard)

 

The Sympathizer: Winner of the Pulitzer Prize for Fiction(Viet Thanh Nguyen)

 

Energy and Civilization: A History(Vaclav Smil)

 

2016年におすすめされた書籍

String Theory: David Foster Wallace on Tennis: A Library of America Special Publication(David Foster Wallace)

 

SHOE DOG(フィル・ナイト)

 

The Myth of the Strong Leader: Political Leadership in the Modern Age(Archie Brown)

 

The Grid: The Fraying Wires Between Americans and Our Energy Future(Gretchen Bakke)

 

遺伝子―親密なる人類史(シッダールタ・ムカジー)

 

2015年におすすめされた書籍

ホワット・イズ・ディス?:むずかしいことをシンプルに言ってみた(ランドール・マンロー)

 

Sustainable Materials With Both Eyes Open(Julian M. Allwood)

 

あなたの人生の意味-先人に学ぶ「惜しまれる生き方」(デイヴィッド・ブルックス)

 

Eradication: Ridding the World of Diseases Forever?(Nancy Stepan)

 

Being Nixon: A Man Divided(Evan Thomas)

 

マインドセット「やればできる!」の研究(キャロル・S・ドゥエック)

 

2014年におすすめされた書籍

Business Adventures: Twelve Classic Tales from the World of Wall Street(John Brooks)

 

21世紀の資本(トマ・ピケティ)

 

How Asia Works(Joe Studwell)

 

The Rosie Effect(Graeme Simsion)

 

Making the Modern World: Materials and Dematerialization(Vaclav Smil)

 

2013年におすすめされた書籍

コンテナ物語-世界を変えたのは「箱」の発明だった-(マルク・レビンソン)

 

The Most Powerful Idea in the World: A Story of Steam, Industry, and Invention(William Rosen)

 

Harvesting the Biosphere: What We Have Taken from Nature(Vaclav Smil)

 

昨日までの世界-文明の源流と人類の未来-(ジャレド・ダイアモンド)

 

Poor Numbers: How We Are Misled by African Development Statistics and What to Do About It(Morten Jerven)

 

Why Does College Cost So Much? (Robert B. Archibald, David H. Feldman)

 

The Bet(Paul Sabin)

 

2012年におすすめされた書籍

暴力の歴史(スティーブン・ピンカー)

 

現代中国の父 鄧小平(エズラ・F・ヴォーゲル)

 

探求-エネルギーの世紀-(ダニエル・ヤーギン)

 

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由(ジョシュア・フォア)

 

いつまでも美しく:インド・ムンバイのスラムに生きる人びと(キャサリン・ブー)

 

One Billion Hungry: Can We Feed the World?(Gordon Conway)

 

A World-Class Education: Learning from International Models of Excellenceand Innovatiuon(Vivien Stewart)

 

Academically Adrift: Limited Learning on College Campuses(Richard Arum, Josipa Roksa)

 

国家は破綻する-金融危機の800年-(カーメン・M・ラインハート、ケネス・S・ロゴフ)

 

The City That Became Safe: New York’s Lessons for Urban Crime and Its Control(Franlkin E Zimring)

 

最後に

翻訳されている本案外少ないですねー。

翻訳されたものでもタイトルが微妙だと感じるものもちょいちょいあります。

英語が読めるようになりたいとひしひしと感じました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*