個人資産第3位のウォーレン・バフェットがおすすめする21冊の必読書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は投資の神様ウォーレン・バフェットが推薦する21冊の必読書をまとめました。

ウォーレン・バフェットは投資家として活動を始めた時、1日に600~1000ページ本を読んでいたそう。1冊の本文は約300ページくらいだと思うので、おそらく1日に2、3冊本を読んでたと思います。そして今でも一日の80%を読書に費やしているとか。

投資の神様はやはり自己投資も尋常ではありません!

この記事のソースはこちら

https://www.smh.com.au/business/markets/21-books-warren-buffett-thinks-you-should-read-20161104-gshv25.html

01.賢明なる投資家(ベンジャミン・グレアム)

 

02.証券分析(ベンジャミン・グレアム、デビット・ドッド)

 

03.株式投資で普通でない利益を得る(フィリップ・A・フィッシャー)

 

04.ガイトナー回顧録-金融危機の真相-(ティモシー・F・ガイトナー)

 

05.バフェットからの手紙-「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル-(ローレンス・A・カニンガム)

 

06.ジャック・ウェルチ 我が経営(ジャック・ウェルチ)

 

07.破天荒な経営者たち-8人の型破りなCEOが実現した桁外れの成功(ウィリアム・N・ソーンダイク・ジュニア)

 

08.The Clash of the Cultures: Investment vs. Speculation(John C. Bogle)

 

09.人と企業はどこで間違えるのか?-成功と失敗の本質を探る「10の物語」(ジョン・ブルックス)

 

10.投資家のヨットはどこにある?(フレッド・シュエッド・ジュニア)

 

11.ケインズ説得論集(J・M・ケインズ)

 

12.マネーと常識(ジョン・C・ボーグル)

 

13.Poor Charlie’s Almanack: The Wit and Wisdom of Charles T. Munger(Charles T Munger)

 

14.投資家で一番大切な20の教え-賢い投資家になるための隠れた常識-(ハワード・マークス)

 

15.Dream Big(Cristiane Correa)

 

16.First a Dream(Jim Clayton,Bill Retherford)

 

17.ウォール街の大罪-投資家を欺く者は許せない!-(アーサー・レビット)

 

18.核テロ-今ここにある恐怖のシナリオ-(グレアム・アリソン)

 

19.The Making of the President 1960 (Theodore H. White)

 

20.Limping on Water: My 40-year adventure with one of America’s outstanding communications companies(Philip Beuth,K.C. Schulberg)

 

21.バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学(ジェレミー・ミラー)

 

終わりに

投資家向けの本が多いですね。

バフェットが必読書として推薦しているので投資などしない僕にも有益なのでしょう。

 

ビルゲイツのおすすめ本まとめてます〜よかったらどうぞ

ビル・ゲイツが選ぶ、ベストブックを全て調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*