重いブランケット(布団)が最強の快眠グッズだった!【不眠、寝付きの悪い方へ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は運動不足の方や不安が強い方、ストレスで眠れない方におすすめの快眠グッズの紹介です!

私は10月ごろにamazonで買ってみまして、使用して1ヶ月ちょっと経ちました。

結論から言うとめちゃめちゃいいです!

荷重ブランケットのメリット

メリットで言うと、

不安感の減少

2008年の実験によると、32人の大人に約13kgの重さのブランケットを使って寝てもらったところ、

  • 33%の人の皮膚電位が低下(リラックスした)
  • 63%の人が使用後に不安感が減少
  • 78%の人が落ち着いたと実感した

などなど、リラックスに効果的な結果が報告されています。また、血圧や脈拍を測りながら測定し、ブランケットの重さが体に悪影響を与えないことも報告されています。

さらに、2011年に公開された実験では、目の前の恐怖すら和らげてしまうとの報告もあります。

15名の女性(平均27歳、64.48kg)が歯科治療の際に重いブランケット(平均6.24kg)を使用するケースと、しないケースを比較した場合、重いブランケットを使用したケースでは心拍数の上昇が優位に少なく、不安感も少ないと評されました。

不眠の人の睡眠の質の改善

また、2015年に公開されたスウェーデンの睡眠研究所で行われた実験では、不眠を抱える人の睡眠に対してどのような効果があるか調べられました。

健康的だが不眠症(入眠困難/中途覚醒/熟眠障害)を抱える20~66歳の男女33人に、1週間今までのように眠ってもらい、その後2週間重いブランケットで眠ってもらい、そして最後にまた1週間今までのように眠ってもらい、睡眠にどのような違いが出るか実験されました。

その結果、重いブランケットを使用した2週間の間、

  • (主観的に)より落ち着いて眠れた
  • (客観的に)睡眠時間が伸びた
  • (客観的に)夜中の動きが減った

などの睡眠によい影響が見られ、レポート内でも重いブランケットは睡眠の質を上げるための薬に頼らない革新的なアプローチだと結論付けられています。

睡眠時間が伸びたということは、寝付きがよくなり、夜間の目覚め(中途覚醒)が減ったことを意味します。

安眠に適したホルモンバランスになる

なぜ上記のような研究結果になったのか、体内で起こったことをホルモンレベルで示唆する研究が2005年に公開されています。この実験データによると、体に圧迫が与えられた状態では、

  • ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が31%低下
  • 幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が28%増加

このため、不安感が和らぎ安心して眠れるに至ったのだと考えられます。

また、「セロトニン」は「メラトニン」という眠りを促すホルモンを合成するため、結果的に寝付きがよくなり、夜中の目覚めが減るに至ったと考えられます。

どれくらいの重さがおすすめ?

自分の体重の10分の1くらいの重さがおすすめとのこと。

私は65kgくらいなので7kgのブランケットを選びました。

最後に

不安が強い人、不眠の人は試してみて損はないのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*